営業再開のお知らせと、表と、QRコードとりかざんの話。

広島県における緊急事態措置等が「レベル2」まで下がりましたので、当院も5月20日(水)から通常の営業を再開をさせていただきたいと思います。

前日19日からインターネット予約システムを再稼働させる予定です。

それで、

↓娘がいま頑張って覚えている表。

↓お父さんがいま頑張って思い出している表。

どちらも何かが何かの法則にしたがって並んでいて、これが頭に入っていないと何も始まらない、「イロハのイ」(というか娘のはそのまま「あいうえお」の表)ですが、

か→が

Ka→Ga

かきくけこ→がぎぐげご

しかし良く考えたら点を2つ付けたら濁った音になる、というのは、

凄い頭が柔らかい人が考えたシステムだなと、「が」は「か」にゴミを付けたような、なにか「か」が汚く汚された感じがしていかにも汚い音になりそうな感じがします。

ローマ字のようにそれ専用の文字を定義する訳でもなく、文字が汚された感じを右肩に点を2つ付けることで表現して、それで濁音を表わすわけで、

点が1個だったら汚く見えないし、昔は墨汁と筆で文字を書いて居たでしょうから何かの間違いで点が1個付いちゃうことはあるかも知れない。

点が3つ付くと流石にくどい。

点が2個だと何かちょっと汚くなった感じがする上に、何かの間違いで無く意図的にそれを付けたことが分かります。

スマートで頭柔らかいわ。

日本で暮らしていると右も左も分からない子供のうちからこの表記システムは頭に叩き込まれる訳でそれが当たり前のこととして理解するので何とも感じませんが、

何処かの国外に居て、20歳ぐらいで急に日本語を勉強することになったとしたらこの表記システムのスマートさと頭の柔らかさと、

最初に「か」に点を2つ付けて「Ga」を表現することを思いついた人のことを想像すると

何かおかしくて2~3日は思い出し笑いを続けると思います。

そんなことを考えながら娘のあいうえおのひょうをチラ見しておりました。

で、

塗り絵

QRコード

お子様向けQRコードぬり絵を公開いたします デンソー

この2次元バーコード(QRコード)ですが、デンソーさんが開発されたんですね。

何処を塗って何処を塗らないのか最初パッと見よく分からないのですが、端の方から順番に、塗るべき(と思われる)場所に先に私がペンで印をつけておいて、娘と私で手分けして色を塗ったのですが、

娘と私が手でぐちゃぐちゃに塗ったこんなQRコードでもスマホのアプリで読むとちゃんと読めるんです。

QRコード凄いと思います。

すけえうりかざん

と読んだらめっちゃ怒られました。

すけえとりかちゃんだそうです。確かにスケート靴を履いています。

「蟄居」がやっと終わりました。鈍った身体を起こさないとならないです。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

休院期間の延長と、中小企業庁持続化給付金について

緊急事態宣言の延長に伴い、前々回の記事

の対応を延長させていただきたいと思います。

広島県の休業要請にて、整体院は「レベル2」で解除と明記されていますので、広島県が「レベル2」になるまで継続の予定です。

で、

以下、時間がある方はご覧いただければよいのですが、

一応、免許は取りに行きましたので、「接院」で有資格者が行う施術については

「適切な感染防止対策の協力」

が要請されているのみで、休止要請の対象外にはなっていますが、当院の施術は時間が長く、濃厚接触になりがちですので、当院も「整院」に合わせる形で対応させて頂いております。

ただ、当院は接院に当たるので完全に店を閉めろと言われている訳ではありませんので、上のリンクの記事の通り、「急を要する状態」の場合は受付しています。急を要する際には電話にてご連絡願います。

そのような中途半端な状況で、

県から休業要請が出ている訳では無いのに勝手に半分休んでいる状況ですので、

県の感染拡大防止協力支援金も出ないし困っていましたが、

中小企業庁から持続化給付金が貰えそうだと、それが先日分かりました。

前年同月比で売上が半分以下になった場合は、業種を問わず(自営業者の場合で)最大で100万円まで給付されますので、

この持続化給付金で今月は乗り切れそうです。

県の休業要請施設に該当している業種のかたはおそらくダブルで受給できるっぽいです。

個人事業主のかた、中小企業の経営者のかた、こんな状況ではありますが、ズルズル長引くのが一番困りますので、何とか乗り切りましょう。

で、この情報って県のHPには載って無いっぽいんです。

もう少し宣伝してくれても良いのに。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ