ホ・マ・モ・ユ の練習と無線機の話。

来年の3月に間に合うかどうかは不明ですが、

仕事の後でモールスの聴き取り練習を続けています。

ホ・マ・モ・ユを聴き分けて区別する練習です。

動画を再生して聴いていただいたら分かると思いますが、この4つは最初の

「ピーピピ」

まで一緒なのです。

ピーピピ…ホ

ピーピピピー…マ

ピーピピピーピ…モ

ピーピピピーピー…ユ

です。まあ音の高さは一緒で、符号の長さで区別する仕組みになっているのですが、

「ピーピピ」まで聴いて「あ、『ホ』だ」と思って紙に書くと続きがあったりしますので、わけが分からなくなります。

ひらがなで言えば、「け」「は」「ほ」「に」の見分けがつかないような感じでしょうか。

同じ感じで、「ね」「れ」「わ」とか「あ」「め」「ぬ」とかグループができます。

ひらがなってどうやって覚えましたっけ?私はもう40年前のことなので忘れましたが、「あ」から順番にやって行って、最後に上のようなグループの中で見分ける書き分ける練習をしたような気がします。

というか小学校に入ると嫌でも文章を書かさせられますので、そのうち自然と覚えた気がしますが、

で、ひらがなをがんばって覚えたらカタカナはノリで割とすぐ覚えたように思います。

備忘のためにメモしておくのですが、

他に似ているグループが、

ナロンテヰ
ニケルエ
ホマモユ
ネシア

そういうところだと思います。後は「て」とか「ひ」とかひらがなの形で言えば他と混同しようが無いものですので、何とかなります。

それで無線機自体はどうしようかと思ったのですが、探せばモールス専用機のキットはあるのですが、

QCX+ 5W CW transceiver kit 55ドルだそうですが、1つのバンドしか出られません。
SW-3B QRP CW transceiver 188ドル 2万円ぐらいでしょうか?

それで悩んで、ヤフオクでゲットしてきました。

3台! 重さが1台16キロ。

クラシックカーとか好きな人は、良く部品取り用に同じ車をガレージに置いておいたりされると思うのですが、

この無線機は3台で1万5000円ぐらいです。上のキットを1台買うよりだいぶ安い。

この無線機は私が高校生の頃に無線部の部室にあった機種で、県立高校でしたので「広島県」の備品シールが貼ってあった記憶があって、30年前の当時でも大概古かったのですが、

まさか30年後に3台所有することになるとは当時は思っていなかったです。

というか、アラフィフの私と同じ歳らしいです。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。
広島ブログ

ハーモニーランドに行ってきた話。

ハーモニーランドに行ってきました。

ばーん。これ出して良いんですかね?

著作権的に問題が無いのか、実際に現地に行って撮ってきた写真だから大丈夫でしょうか?

写真に入っている横線は、立入禁止のロープです。画像に横線がピーっと入っていますので、カメラが壊れたのかと最初思いました。

ハーモニーランドは大分県の日出町(ひじちょう)に在ります。広島から行くと別府市の手前になります。

娘のリクエストで行ってきました。続いてこちらはキティさんになります。

全部脚元にロープの横線が入っています。現像した写真を見て本当にカメラが壊れたのかと思いました。

この日は朝5時に起床して廿日市ICから徳山港へ。

徳山港朝7時20分発のフェリーで国東半島に向かいます。

国東半島を小一時間かけて縦断して日出町のハーモニーランドに11時前ぐらいに到着しました。

朝5時に起きるのは久しぶりだったので少々くたびれましたが、娘のリクエストであれば仕方がない。

ただ、日頃の行いが悪かったのか、2日間とも殆ど雨でした。

宿も船も予約をしていて、私の仕事も娘の保育園も日程を決めて休みにしていますので、直前に天候を観て日程を変える訳にもいかず、

従って雨天決行になってしまいます。これはもう仕方が無いです。

2日目の午前中だけ晴れましたので、大急ぎで屋外を回ります。

娘がジェットコースターに嵌りまして、同じジェットコースターに立て続けに6回乗りました。

ハーモニーランドの素晴らしいところは、一部の乗り物以外は乗り物が乗り放題なところです。入場料は若干高めな気はしますが、何に何回乗っても追加料金が掛かりませんので、結果的に普通の遊園地より安価で済むのでは無いかと思います。

乗り物に身長制限が無いのも特筆ポイントと思います。

流石に赤ちゃんを抱っこしたままジェットコースターに乗るのは無理だと思いますが、6歳の娘の身長がまだ120センチ行っていませんので、

コロナの前に他の遊園地に行ったことがあるのですが、娘が身長制限に引っかかって殆ど全ての乗り物に乗れなかったことがありましたのでどうかなと思っていたのですが、

我々と同じタイミングでジェットコースターに乗っていた4歳の子も親と一緒に6回乗りましたので、

乗り物に乗る際に身長にはあまりシビアでは無いようです。これは特筆ポイントです。

でも一番の圧巻は13時30分から始まるこの「パレード」だと思います。

クリックして拡大すると分かりますが凄く「情報量」が多い写真で、飛んでる丸いものは全てシャボン玉です。

いろんなキャラクターの「山車」がグルグル回って来るのですが、「千葉ネズミ園」と比べても間合いが凄く近い。

このパレードを見るためだけでも行ってみる価値があると思います。

事実、リピーターさんもかなり多いようです。ロープ最前列の席は有料席で、いくら掛かるのかは知りませんが有料なのですが、

有料で、床に番号が振ってあったので指定席なのだと思いますが、30分前から座って待っている人がたくさん居られました。

本当にこれを観るために来られているのだと思います。

別府に行くからには温泉にも入りたかったのですが、目的が「遊園地」ですのでゆっくり入ることもできず。

6歳の娘に「地獄巡り」とかまだ無理だと思います。それより遊園地とジェットコースターです。

当面できるとしてもこういう旅になりそうです。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。
広島ブログ

ゐとゑの話。

前回の続きで、

和文モールスの特訓をしているところなのですが、

「や」の行まで来ました。

それで、

「や」行はちょうど小学校入学前のうちの娘ぐらいだと「や・ゆ・よ」の3文字しか無い行として勉強しているところで、

何で無いのか当然訊かれましたので、答えようとしたら嫁に制止されて、

いま教えたら惑うから辞めてくれと。

化学の時間に出てくる元素の周期表みたいに「まだ発見されてない」とでも答えればよかったのかも知れません。

流石にアラフィフになると存在は知っていて「読めない」ってことは無いのですが、や行にはアラフィフの私でも殆ど書いたことが無いひらがなが出てきます。

というかひらがなはまだ古文の時間に出てきたりするのですが、「ヰ」とか「ヱ」とかカタカナはひらがな以上に書いたことが無い。トラクターの「ヰセキ」ぐらいしか実際に使われている所を見たことが無い。

で、普段の生活で「ヰセキ」って書く用事がこれまで無かったので、「ヰ」とかのカタカナは書いたことが無い。

モールスの受信練習では当然出てきますので、その符号が出て来たら紙に書き取らなければならないのです。

多分「ヰ」とか「ヱ」とかのカタカナの文字はこれからの半年ぐらいで一生分書き切ると思います。

で、ここまで書いておいて念の為調べたところでは「ゐ」と「ゑ」はわ行の文字なんですね。読みは「wi」と「we」。

知りませんでした。よく知ってるふりして娘に嘘を教えるところでした。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/
qa/question_detail/q1415334069

https://okwave.jp/qa/q4434906.html

「調べる」って大事だと思いました。ただ、練習はこのままや行と一緒に続けると思います。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。
広島ブログ

モールスの練習(高速音感法)について。

前回の続きで、

無線機は新品を買えば調べたところでは15万円ぐらいでしょうか。そして無線機とアンテナには同じぐらいのお金を掛けるもののようです。

そんな金無いです。

娘に「おもちゃはローンで買うもんじゃない」と言った手前、もう少し良い方法を考えてみます。

というかモールスしかしないのであればそんな高い機械は要らないと思います。1000円の無線機はいつか必ずリベンジします。

ということで、そんなことより来年3月の国家試験に間に合うかどうか、今はこちらのほうが優先順位が上です。

練習風景の動画を撮ってみました。

モールスの覚え方にも色々あるようですが、私はこの方の言うことに全て従うことにします。いろいろな資格をたくさん持って居られる方のようなので、そういう方が仰っている方法は効率が良い筈です。

試験を突破することで言えばプロ通信士が言うことより資格マニアが言うことのほうが間違いなく効率が良い筈です。

6歳の娘がひらがなの練習をしていて、

「ん」と「そ」って似てるよね。

とか言うので何のことかと思ったらカタカナの話でした。

「ン」を90度回して紙を裏返すと「ソ」になります。

「け」「は」「ほ」は似ています。「あ」と「め」も似ています。「め」と「ぬ」も似ています。ついでに言えば「ね」「れ」「わ」も似ています。「へ」と「く」も似ていて「さ」と「き」も似ています。「た」と「な」も結構似ていて「ま」と「よ」と「ほ」も何か似ています。

同じ感じで、モールスの符号もよく似ていて聴いても違いが良く分からないものが大量に出てきます。それを練習しているのが上の動画です。上の動画には「あ」「し」「す」「せ」「つ」「て」の6つの符号が入っています。特に「あ」と「す」、「せ」と「つ」は聴き分けるのにちょっと泣きそうになります。

それで、似た符号を聴き取って適当な裏紙に書いて行くとこのような感じになります。

ホヒハヒハフフへフフ

フホヒホヒマミヒヒミヒヒムヘヘムヘヘ

事情を知らない人が観たら結構ヤバい文書になりますので、書いたらすぐ廃棄ボックスに入れていくのですが、

娘が頑張ってノートに自分の名前をひらがなで書いていますが、私も何とか自分の名前は聴けて打てるようになったところです。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。
広島ブログ

マネーリテラシーと無線機とモールスの話。

6歳の娘が頭がかゆいと言うので嫁と3人で病院に行った際に、

薬局の店頭で娘がガチャガチャをみつけて、

娘は嫁と交渉してもうまく行かないことを承知していますので、私にガチャガチャを買ってくれと交渉して来るようになりました。

うーん。「頑張りましたポイント」を貯めて買ったら良いんじゃないかな。

「頑張りましたポイント」とは、嫁が主宰しているポイント制度で、娘が家でピアノを弾いたりドリルの問題を解いたりすると貯まっていきます。この「ポイント」を貯めて買えと、嫁の受け売りで、そのまま伝えたのですが、

明日から頑張るとか何とかかんとかタフな交渉をして来ます。

うーん。

家でも車でも欲しい物をバンバン買ってたら大人でもすぐお金が無くなります。「おもちゃ」はローンで買わないほうが良いと思いますよ?40年ほど先に生まれたお父さんからのアドバイスです。

で、お父さん「ヘリコプター」欲しい。

みたいな話をすると娘は黙りました。

これで良かったのだと思います。

9月22日の記事の続きで、7月ぐらいから引っ張っていますが、1000円の無線機に作り直したフィルターを繋いで計測してみました。

右の水色の枠で囲んだところが出て欲しい電波で、左の赤色で囲んだところが出てほしくない電波です。この赤い枠のところは9月22日の記事から比べると-40から-54に減っていますので、ギリギリセーフですが良い感じと思います。

ただ、範囲を広げて測ってみると、水色で囲んだところが出て欲しい電波で、赤線より上に出ているこの黄色い「X」をつけた3ヶ所が「アウト」です。

というか、電波の出方がメチャクチャです。ギジャギジャでメチャクチャきしゃない。

さすが1000円の無線機。

困った。300円の部品をケチって40円のものにしたのが失敗だったのか。7月の時点では上の赤枠のところは全部消えていたっぽいのでまたもう1回300円の部品で試してみるか。

で、送信する時のことばっかり考えていたのですが、

この1000円の無線機は調べてみると受信するときにも電波が出ます。で、基準値を超えてます。

いま頑張って作っている「フィルター」なのですが、要は「ザル」ですので、可能な限り水色の枠のところだけ通してほかは一切通さないものを作りたいのですが、

受信中に出るのは送信中に出るのと全く同じ波長ですので、当然「ザル」の目をくぐり抜けます。

フィルターだけではこの「受信中にアンテナから漏れる基準値以上の電波」を消しようが無い。

受信中はスイッチを切り替えるか何かをしてアンテナから外せばよいのですが、そうすると当然この無線機にはアンテナがつながっていないので受信ができなくなります。

何とかしてアンテナにつないたまま受信中に出る電波を消したとしても、アンテナから入ってきた相手の電波も一緒に消えると思います。受信した電波も相手がダイヤルを回してこちらにピッタリ合わせて送って来てくれた同じ波長の電波ですので。

受信は他の無線機でして、送信だけこの1000円の無線機でするのか。

そうしたらもうその「他の無線機」で全部やれば良いじゃん。

というか、この無線機はモールス専用機ですので、電波のONとOFFで表現する「符号」を送る訳です。受信機には電波を受けたときだけ強さに応じて音を鳴らす装置がついていて、電波を受信している間だけ「ピー」と音が鳴るようになっています。

これ絶対、このまま使うと受信する相手の人には符号の間の電波がOFFの時にもずーっと途切れること無く小さく「ピー」って聞こえ続けるよね。

50年ぐらい前ならいざ知らず、いまこんな電波を出したら超恥ずかしいと思います。

何れにしても基準値を超えていますので、このまま申請書に付けて出したら絶対に免許が下りないです。

困った。

娘には「おもちゃ」はローンで買わないほうが良いと大見得を切りましたので、

取り敢えずこの1000円の無線機で免許を取るのは(私の技術力では)無理だと分かりましたので、次は2000円の無線機で試してみるか、

というか、この無線機はモールス専用機ですので、免許が取れたとしてもモールス符号が聴けて打てないと何もできないのです(そのかわり機械が簡単なので機械は安い)。

何の趣味でもそうだと思いますが、サッカーならルールを知っていて試合に出られるぐらいの基礎体力がなければ話にならないでしょうし、将棋なら駒の動かし方ぐらいは知っていないと何もできないと思います。

どのみち練習するのであれば、プロ向けの資格でアマチュア向けの趣味の資格の2級に相当する資格があるのでそれを目指してみるか。

昔はアマチュア向けの資格でもモールスの実技試験があって、私は中学生の頃に欧文(アルファベット)の受信だけ一番簡単な今で言う3級の資格を取ったのですが、国際的な取り決めにより国内でもアマチュア向けの資格でのモールスの実技試験は2011年で廃止されたようです。

ただ、プロ通信士の資格になるのでモールスはガチです。

「電報」が受信できて送信できる必要があります。

ただ、趣味でやるにしてもこのくらいの早さで送受信できるレベルにならないと面白くは無いようです。面白くなければ「趣味」では無いですので。

3月に試験があるのですが、あと半年で間に合うかどうか。もう10月に入っちゃいましたので、無線機より先ずこっちな気がします。急ぐ資格では有りませんので、仕事に差し支えない範囲でぼちぼちやることにします。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。
広島ブログ