ノクターン だい2ばんと持続化補助金と1+1の証明の話。

1.ノクターン だい2ばん の話

4年前、

娘が1歳の時に買ったおもちゃのピアノなのですが、

ピアノより本の方に興味があったようで、本はすぐ引きちぎられてしまいましたが、その本に載っていた、

ノクターン だい2ばん。

フレデリック・フランソワ・ショパン 作曲の 夜想曲第2番 変ホ長調 作品9-2 ですが、

ふーん。

で、このおもちゃのピアノで本当に弾けるものなのか、ふと気になりまして、

弾いてみました。

確かにこれだけの鍵盤で弾けます。右手は頑張れば何とかなりそうな気配(左手は知らね)。

私はピアノは小2の時から中断していて、初心者と同じですので、当然指は動かないわけですが、

動かん動かんと言いながら夜、寝る前に1時間ぐらい指が動かないフレーズを繰り返し繰り返し弾いてから寝ると、次の日、朝起きたら弾けるようになっている不思議。

寝ている間に新しい回路が脳の中に作られるのだと思います。パソコンのキーボードのタッチタイプをマスターするときにも同じ体験をしたことを思い出します。

ボームポジションを決めたら左手の小指から順番に縦に動かして配列を覚えていくのですが、

ローマ字で言えば左手小指は QとAとZ ですが、ランダムに画面に出るようなマクロを簡単に組んでおいて、

画面に出た文字のキーを押す。

なかなか文字と指の位置の対応が取れないわけですが、寝る前に1時間もわからんわからんと言いながら練習して、次の夜に試すと簡単にできるようになっている。

それを全ての指1本ずつ、今日は行けるか今日は行けるかと試していくと割と10日間でひととおり何とかタッチタイプができるレベルにはなっているから本当に不思議。

朝、寝て起きると急にできるようになっていて、昨日までどんな方法でやっていたのだろうと逆に不安になるのですが、

ただ1時間みっちり繰り返し練習していないと朝、寝て起きてもできるようにはならない。

職人の手技ってそんな覚え方で共通してるんだろうなと、少しまたその頃の感覚を試してみています。

2.持続化補助金の話。

コロナ禍で始まった「持続化給付金」(売上が前年比50%以下になった月があったら申請できるもの)とは違うもので、こちらは管轄の商工会議所または商工会が窓口となって行われているもののようです。

小規模事業者持続化補助金

・商工会議所管轄地域 https://r1.jizokukahojokin.info/

・商工会管轄地域 http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

コロナ対策をするとそれも上乗せで行けるようです。

ただ、書類が大変。ここに載せるといろいろ紛らわしいのでマニュアルに付いていた書き方サンプルを中途半端に抜粋しますが、これからしばらく頑張って書いて商工会議所に何回か持っていってチェックをして貰わなければならない。

要はレポートを提出して審査に通れば補助金が出るのですが、学生時代を思い出します。

3.1+1=2の証明。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

植物園とピアノと勉強の話。

8月も終わってしまいそうですが、盆休みに広島市植物公園に行ってきました。

広島市植物公園 ひまわり

目的はこの噴水です。例年、夏場は噴水で迷路が楽しめるのですが、今年は人数制限がされていて「噴水」に縮小されていました。

広島市植物公園 水遊び広場

13時に間に合うように行くと、15分インターバルで噴水が楽しめます。15分水が出て、15分休憩。それが5本続きます。

広島市植物公園 水遊び広場 別角度

午前中も11時からやっているのですが、11時45分から1時間15分の休憩が入りますので、ビシャビシャの格好で外で食事をするつもりなら午前中から行っても良いとは思います。

広島市植物公園 大温室とひまわり

今年はコロナの影響で縮小版だったのですが、来年は「迷路」が復活していますように。

で、今年は遠出も出来ないので、何でもやらされます。

おもちゃのピアノを弾くおじさん
撮影:娘

家でピアノを弾いたり、勉強するぐらいしかすることが無くて参ってます。

2級ハム 計算問題

勉強は捗りますが、今年はどこにも出られなくてめっちゃストレス溜まってキツいです。みなさんそう思いませんか?

勉強は捗りますが。

で、

娘がピアノのレッスンに通い始めたので、自分は弾かずに練習しろ練習しろと言っても仕方が無いと思いましたので、私も付き合いで練習してみることにしました。

というのが、私の母親が、ピアノを弾け弾けと言う割には自分では一切弾かない人で、

じゃあそれやって見せてくれと言うとピアノの横で顔を両手で覆ってホントにシクシク泣き出したので、これは触れてはいけない話題だったのだと思って触れないことにしたのですが、

私が今の娘と同じぐらいの歳の頃のことです。

で私は結局、「ドラえもんが弾きたい」と言っても面白くも何ともないバイエルか何かしか弾かせて貰えなかったので、小2の頃に泣いて頼んでピアノは辞めさせて貰いまして、

基礎が大事なのは分かるのですが、指の訓練のために作られたような曲が面白いわけが無くて、

ショパンとかの「練習曲」が弾けるようになるのは相当練習を積んでからだとは思いますが、練習曲を弾くための練習がまずは相当必要なわけで、

これが「練習曲」なわけですが、頭おかしい(褒め言葉)と思います。

ここまで行くまでのその過程が子供にとって面白いわけが無く。

親が楽しそうにやっていることしか子供はしませんので。私はそう思います。ピアノはとりあえず押せば音は出ますので、

ドランペットとかフルートに比べればマシだと思います。あれはただの金属の筒ですから、吹いてもスースー言うだけで音は出ませんので。

ああいう楽器に比べたらピアノはまだマシだと思うのですが、母親は頑として自分では弾かなかった。

パソコンと同じで、ピアノも触ると爆発すると思っているのかも知れない。

私は弾いて、その過程を見せることにします。

下手糞が下手糞なりに練習している様子は親しか見せることが出来ない。

周りの大人、特に先生は練習している姿は生徒には絶対見せられない姿ですので。親しかそういう姿を子供に見せてやることは出来ないんです。

生まれた時から上手な人はいませんので。楽しそうに練習している姿を見せることが大事だと思います。

ちがう もようを みつけよう

で、娘のお勉強なのですが、

5歳ぐらいになるとだんだんIQテストのような感じでややこしくなってきますが、

これもそうだと思います。

自分は寝っ転がって漫画を読んでいて、子供に勉強しろ勉強しろと言っても無理だと思います。

現に親は漫画を読んでいてやって行けてるのですから、本気で勉強するわけがない。

寝っ転がって漫画を読む5歳の娘

「子は親の鏡」であります。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

免状が届きました。

危険物取扱者の免状が届きました。

危険物取扱者免状の写真

交付年月日が7月22日。できたての届きたてです。

簡易書留で翌日の23日に届きました。7月23日は祝日なのですが、祝日でも簡易書留は配達されるのですね。ありがとうございます。

いま調べて分かったのですが、新型コロナの影響がなければ23日はオリンピックの開会式の日だったようです。いろいろ残念ではありますが、そのおかげで私は勉強をする時間を作ることができた。

学生時代、甲種危険物取扱者は受かる気がしなくて断念していたのです。時間が出来たので私は25年前のリベンジを果たすことができました。身体が元気で1ヶ月暇とかこの25年間ありませんでしたので。

自営業者たるもの、タダで転んではダメです。

この免状、透かしが入っています。斜めにすると真ん中あたり横一列に

HMOL

と入っています。

危険物取扱者免状の写真(透かしを強調)

この免状は都道府県知事が発行するもので、県によって微妙に違っているようです。透かしが入っている県と入っていない県があるようです。自動車の運転免許証と似た感じなのでしょうか。運転免許証も県によって微妙にフォントが違っていたりします。

でいろいろ調べていてみつけたのですが、

https://30shikakuron.com/shikakuitiran

アラフォーの資格マニアのOL。資格試験受験日記や勉強法、資格・検定に関するネタについて熱く語っています。

30’s 資格論

世の中には「免許を取るのが趣味」という人が居るようで、発行した大臣や知事の名前が入っている免許状を20個集めるとか、で、それが誰かとか、猪瀬さんが良いとか橋下さんが良いとか舛添さんが良いとかそういう話らしいのですが、

こういうのです。

そういう「遊び」を楽しむらしくて、毎月2つぐらい何かの試験を受け続けて行くようなのですが、

保育士の試験って保育科を出ていなくても受験ができるのですね。保育科なら卒業と同時に免許が出て、保育科で無くても試験を受ければ免許が取れるようなのですが、

https://30shikakuron.com/hoikusisyou.html

電気の勉強でも法律の勉強でも、海上衝突予防法でも何でも勉強するようです。

恐るべしアラフォー女子。

私はもう1個だけ、高校生の頃に挑戦して取れなかった免許があるので、このまま勢いで30年越しのリベンジをするかどうか悩んでいるところです。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

合格しました。2

本業とは全く関係ないのですが、先日受けてきた試験に合格しまして、

合格通知書の写真。

危険物取扱者

甲種

なぜ甲種を受験したのかと、資格と試験の概略については以前書いた通りで、

25年前、学生時代にテキストを読んでいて受かる気がしなくて断念していたのですが、

コロナ禍で暇になったので勉強して、せっかく勉強したので受けて来たと、それだけの理由です。1ヶ月ほど店を閉めていましたので。

寧ろ試験が実施されるのか、そっちのほうが心配でした。

前回の試験はちょうど3月頭にありましたので、高校生が物凄くたくさん居て、その中に紛れる感じで試験を受けたのですが、

コロナの影響なのか、時期的に6月なので授業の進み具合の影響なのかは不明ですが、今回は高校生は殆ど見ませんでした。全体的な人数も体感的に3月の1/4ぐらいでしょうか。同じ会場で3月の時は廊下がギチギチでしたので、人数的にはかなりスカスカな印象でした。

試験はマスク着用で、窓も扉も全開で行われました。ちょうど暑くも寒くも無い季節に受験できて良かったです。

甲種を受験する人の雰囲気ですが、おそらく化学系の大学生か、もう少し歳が上だとしても薬剤師さんとか化学系の人だと思います。

同室の人達はそんな雰囲気でした。

試験の内容は、私が本屋で買ったテキストの内容とは結構違っていたように思います。危険物取扱者の試験は問題が公表されていなくて、問題も持ち帰り不可なんです。

問題用紙も机の上に貼ってある自分の受験番号の座席シールを剥がして貼り付けた上で解答用紙と一緒に提出することになっています。

問題非公表なので、どうやら何人かで手分けして問題を記憶して帰って、その記憶をベースにテキストを作っているらしいのですが、随分と問題の雰囲気が違いました。表を丸暗記していたら解けるような問題は寧ろ少なくて、表の内容を元に頭を使って考えたら確かにこれかなみたいな、考えないと解けない問題が多かったように思います。

それから危険物の試験で重曹(炭酸水素ナトリウム)の問題が出るとは思っていなくて、重曹って燃えもしないし他のものを燃やす働きも無いし、いま調べたら寧ろ消火器の中に入れる消火剤になるぐらいの物質のようなのですが、

確かに化学をやっている人には常識的なことなのかも知れませんが、うはーなんじゃそれみたいな、

それで試験が始まって退出可能時刻30分でキレて帰る人とか、あれは絶対そうだと思います。普通に問題は無視してマークシートを全部塗りつぶすだけで20分ぐらいは掛かると思いますので、見た瞬間に問題が全部解けるレベルで超余裕だったか、キレて帰ったか、どっちかだと思います。

残りのまだ粘っている受験生はうはーとかうへーとか変な声にならないため息を上げていて、私もそうしたのですが、終了30分前に私もキレそうになって耐えきれなくなって会場から脱出しました。

なので問題も置いて帰るため自己採点ができなくて、発表があるまで自分が合格しているかどうかが分からなくて往生しておりましたが、合格していて良かったです。

受かったらこっちのもんです。

追伸:結構キツかったです。

娘が書いたドーナツと紫芋アイスを美味しい美味しいと言って食べているくまちゃんの絵です。

4歳の娘が書いたくまちゃんの絵の写真。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

動物園の話。

前回と同じサングラスとマスク姿で広島市安佐動物公園に行ってきました。

落ちない…のでしょうね。寝相が良いのだと思いました。

真っ昼間からイチャイチャしていますが、

その真上で2人がケツを向けて座っています。この人らも落ちないのだと思います。

因みにこの人達は「ヒヒ」です。ヒヒをサルと呼ぶのはトラをネコと呼ぶのと同じことだそうです。広島市安佐動物公園の入り口から入って正面に見えるのは「サル山」では無くて「ヒヒ山」なのだそうです。

キリンさんとダチョウさん。共に脚が長くて頚も長い。確かに脚が長いと頚も長くないと水が飲めない。

キリンさんは偶蹄目です。ウシの仲間。私はこの世に生まれ落ちてから46年経つのですが、46年間キリンはウマの仲間だと思って生きて来ましたが、

キリンはウシの仲間だそうです。

知りませんでした。

少し調べてみましたが、大型の草食動物はウシの仲間(鯨偶蹄目)・ウマの仲間(奇蹄目)・あとはゾウの仲間(長鼻目)の3つに分類されるようです。

長鼻目はそのままゾウです。そう言えばゾウは鼻を箸みたいにつかって食事をしますが、あの鼻が無ければあそこまで巨大化できなかったと思います。体重があるので1回座ったらなかなか立てない。

奇蹄目はざっくり行くとウマ・サイ・バクしかいません。シマウマは流石にウマの仲間でした。

奇蹄目を分類するとウマ(ウマ・ロバ・シマウマ)・サイ・バク

みたいになります。

で、それ以外の良く目にする大型の草食動物はウシ(鯨偶蹄目)の仲間です。

クジラもウシの仲間です。遺伝子的に近いものを纏めるとそうなるそうです。

鯨偶蹄目はざっくり行くとクジラ(クジラ・イルカ・シャチ)とウシ(カバ・ブタ・ラクダ・キリン・シカ・カモシカ・ウシ・ヒツジ・ヤギ)に別れますが、

クジラにはこの中ではカバが一番近いようです。なんとなく納得はできますが、カバがそのまま海に入って、出て来なくなったのでしょうか。

肉食の動物はだいたい全部食肉目(ネコ・イヌ・クマ・イタチ・アシカ・アザラシ)です。

以下、ついでに調べましたが、ざっくりした哺乳類の分類。

哺乳類――単孔類(カモノハシ)・有袋類(コアラ・カンガルー)・有胎盤類(その他)

その有胎盤類の分類。

有胎盤類――異節類・アフリカ獣類・ローラシア獣類・真主齧類

有袋類は言わずと知れたオーストラリア大陸で進化します。

異節類(アルマジロ・ナマケモノ・アリクイ)――南アメリカ大陸

アフリカ獣類(ハイラックス・ゾウ・マナティー)――アフリカ大陸

ローラシア獣類(ハリネズミ・コウモリ・鯨偶蹄目・奇蹄目・食肉目)――ローラシア大陸(大昔の、1個の巨大な大陸が分裂してできた、ユーラシア大陸と北アメリカ大陸ががくっついたような大陸)

真主齧類(ウサギ・ネズミ・サル)はローラシア獣類から分岐したそうです。原始的な哺乳類はネズミみたいな生き物とされていますからどっちがどっちから分岐したのかはわかりませんが、我々裸のサルはここですね。

ゾウにはアフリカゾウとインドゾウ(あと、マンモス)が居ますが、インド亜大陸はもともとアフリカ大陸にくっついていた訳で、インド亜大陸がアフリカ大陸から剥がれてユーラシア大陸にぶつかって、めり込んでできたのがヒマラヤ山脈ということになっていますが、

ゾウはアフリカからインド亜大陸に乗ってアジアにやってきたのでしょうか。

そこまでは分からなかったです。

それでローラシア獣類と真主齧類ですが、

もともとユーラシア大陸と北アメリカ大陸がくっついたような大陸に居たわけですから、後から何らかの方法でアフリカに入ったことになります。

キリンもシマウマもライオンも元々ゾウが居たところに後から入って行ったことになります。

我々人類も、アフリカが起源とされていますが、元々アフリカには居なかったことになります。サルに近い生き物が何らかの方法でアフリカ大陸に入って、そこでヒトに進化したのだとは思いますが、そしてまた出てきた。

そして4歳の娘に「キリンはウシの仲間だった」と言っても相手にして貰えませんでしたが、

動物園は何歳になっても楽しめます。

ちょうど良い系統図をみつけたので貼っておきます。

https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/zuhyou/honyuu_bunrui.html

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ