緊急事態宣言発令中の当院の施術対応について

一応、接骨院で有資格者が行う施術については

「適切な感染防止対策の協力」

が要請されているのみで、休止要請の対象外にはなっていますが、

整体は常に「濃厚接触」であり、当院の特徴として施術に比較的長時間を要する場合が多いため、「濃厚接触」する時間が長くなりがちです。緊急事態宣言の発令中は以下のように対応させていただきたいと思います。

1.「急を要する状態のみ対応」とさせてください。

「眠れないぐらいの痛み」を目安にご検討願います。

当院は日曜日も店を開けているため、日曜日に「肘が抜けた」「肩が抜けたかも」「折れていないか診てくれ」と言ったご相談を受けることが時々あります。骨折や脱臼や捻挫等の外傷については、当院で対応可能な範囲であれば対応させていただきたいと思います。

2.既に入っているご予約についてはこちらからはキャンセルいたしません。

緊急事態宣言が発令される前にお受けしたご予約も多いため、一律そのようにさせていただきたいと思います。

宣言に伴い、キャンセルされる場合はその旨ご連絡いただければと思います。

3.期間に付いて

4月22日(水)~4月27日(月)

※4月28日~5月6日についてはGW期間中につき休診日とさせていただきます。

宣言の延長に伴い、上記期間は延長する場合があります。

4月22日の昼以降に一旦、上記期間についてWEB予約システムの受付を停止します。それ以降の期間中ご予約についてお問い合わせは電話にてお願いいたします。

以上

参考

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示の全部を変更する公示 官報(特別号外第50号)2020.04.16

新型コロナウイルス感染症に係る第11回広島県対策本部員会議資料について 広島県 2020.04.18

新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県における緊急事態措置等

使用制限対象施設リスト

大阪のリハビリ病院、感染者50人超に クラスターの疑い 日本経済新聞 2020.04.19

都内の最新感染動向 東京都

都内の最新感染動向 https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ より抜粋(赤線は筆者)2020.04.20

仮に私が学生で、この資料を渡されてレポートを書けと言われたら、

緊急事態宣言が出る前より感染患者数の伸び率は多少は減っているが、まだ二次関数的に増え続けていて、減少傾向は観られない。

って書きます。

政治と宗教と野球の話はここには書かないことにしていますので、政治の話は何も書きませんが、

基本的にこのウイルスはヒトが媒介しますので、

ヒトからヒトへの感染を相当努力して防ぐことができればこの病気は自然に収束します。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ