2012年02月

ストレステスト。2

2ちゃんねるから抜粋です。

1.必修が全てと思っていい。だから高々30問だが1時間使え。
2.まずは柔理から解け。1ページ目の解剖、生理は一番最後。
3.必修の6割は見ただけで即答出来る。
即答出来た問題は明らかにミスった場合以外は絶対に変えるな。
4.絵や落書きを描くなといわれるかも知れないが無視しろ。
バリバリ書いても問題ないから。体表に触れて確認してもいいがさりげなく。
5.会場に時計は無い。あっても横だとカンニングと間違えられるから
アナログ腕時計は絶対に持っていけ。千円以下で買える。
6.会場周辺で配られている予備校やOBの必修対策問題は絶対に解くな。
例年本試験よりも難易度が高く出鼻をくじかれて自信をなくす。
7.微妙な二択に迷ったら最初に選んだほうを書け。
8.午前は時間終了まで出るな。
9.余裕があったらトイレに行って気分転換をして解答を見直せ。
10.試験会場へは今日明日にでも行ってシュミレーションしとけ。
毎年必ず遅刻者が出ている。

ばばんば 番号ない♪
(勉強しろよ)
ばばんば 番号ない♪
(落ちるなよ)
ばばんば 番号ない♪
(落ちれば格好悪いぞ)
ばばんば 番号ない♪
(恥かくなよ)
ばばんば 番号ない♪
(充分睡眠とれよ)
ばばんば 番号ない♪
(風邪ひくなよ)
ばばんば 番号ない♪
(寝坊するなよ)
ばばんば 番号ない♪
(また来年!)

必修は震災絡みのが2~3問は出るはずだ。
一般もリハも運動も関係も柔理も。
解剖生理は毎年恒例だが2問は意外なところが出る。
頚三角なんか出たらやってない奴は絶対出来ないからちょっとパニックになる。

実質必須30問が国家試験
一般は時間つぶし問題

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

これは良いことを教えてもらいました。
腕時計は忘れないように持っていかないとなりません。

受験者数が大幅に増えたため、去年の問題から厚生労働省が直轄で
試験問題を作成するようになりました。

昨日も7年分の過去問を必修問題だけ古い方からもう1回解いてみましたが、
想像ですがそれまで柔道整復師のおっさんが教科書を見ながら問題をつくっていた所が
厚生労働省の医系技官の先生みたいなインテリな方が作ったような感じに
ガラっと雰囲気が変わっています。

xxの教科書のxxページのxx行目に答えがばっちり書いてある問題は減ってきていて、
言われてみれば強いて挙げれば確かにこれかなみたいな問題が増えています。

「記銘力では劣るが、無駄に場数を踏んでいて老獪なおっさん」には
若干有利な感じではありますが、

出題される場所も変わって来ています。
それまで必修で1回も出ていない熱傷や原始反射が前回初めて出ています。

それと、教科書の改訂があったので過去問に無い問題が必修問題にも必ず出るはずです。
だいたい頭の良い人が作ると問題は難しくなるのが普通であります。

あー耳から何か出てきそう。
脳が赤い。心臓青い。部屋汚い。
骨はもう要りません。

国家試験はこの日曜日です。

Posted in 学校 コメントは受け付けていません。

ストレステスト。

いま流行りのストレステストですが、
日本語でいえば「高負荷試験」でしょうか。

1回5時間かけて解くように作られている過去問を
昨日と今日の2日間でぶあーっと7回分解いてみました。

結果がこんな感じです。

めっちゃくたびれます。もうやりません。

分数は左側が必修問題(80%以上で合格)右側が一般問題(60%以上で合格)
その右側の数字は間違えた問題の問題番号ですが、

傾向がこれまでと同じであれば、私は何とかなるのでしょうか。
というか、試験の16日前にこのぐらい行っとかないと本番で滑ります。

後は試験問題作成委員の方々がこの記事を見て、私が落とした問題を選って試験問題を
作らないことを祈るばかりです。

7回分一気に解いて、だいたいどれも70~80%の得点率ですから、
試験問題の難易度が毎年同じになるように計算して上手に作ってある感じです。

とすれば、今年の難易度もそんなに変わらないはずなので、
私は何とかなるのでしょうか。

1人で勝手にどーどーめぐりして無駄に神経をすり減らします。

ストレステスト。

Posted in 学校 4 Comments »

1973年。

1973年。
私が生まれる1年前のことですが、

ある1組のカップルが結婚式を挙げまして、
その夫婦の子供が39年後に結婚式を挙げることになりました。

同じ日に。
(たまたま偶然なんです)

たまたま日取りが被ったので式の終わりに両親の39回目の結婚記念日に
花束でも渡すかと言うことになりまして、

その時に当時のヒット曲を掛けようかと思いついたのです。
YouTubeで探してみました。

あー濃いい。
1973年にはこれが全部同時進行でブラウン管に映っていたのか。

結婚式の締めにふさわしい曲を探そうと思っておりますが、
あの曲しか無いやんと思われる方はクリックをお願いします。
広島ブログ

※世の中には「撰難楽」という言葉がありまして、悩んでおります。

おまけ。
「アルプスの少女」(1973年10月)
http://youtu.be/QgCMpSFUkdc

「おしえて」(1974年)
http://youtu.be/BXOENngYStg

Posted in 未分類 コメントは受け付けていません。

昼の必修対策。

さて昼です。

試験まであと1ヶ月を切りましたので、昼も夜も必修対策です。
試験日は来月の今日です。今年は閏年なので私は1日儲けたのかも知れません。

これが試験範囲です。医学生の人が見たら鼻で笑う量かも知れませんが、
修業年限で1/2、コマ数で1/3、掛け算をすると学校の授業時間は
医学部医学科の1/6です。

この中から必修問題30問(80%以上で合格)、
一般問題200問(60%以上で合格)、
合わせて230問出題されます。

国家試験出題基準の本をgetしました。

しかしgetしましたが、上の13冊の内容がだいたい網羅されています。
ヤマをはってもあまり仕方がないことがわかった程度であります。

一般問題200問はだいたい取れることが分かってきたので、
80%の得点率が必要な必修問題対策を徹底的に行なっている所であります。

只今の得点率を100点に極めて近いところまであげて
何があっても落ちないようにしようと思うとなかなか大変です。
上の13冊から偏りなく30問出て、6問しか落とせないのは結構きついです。

出題範囲を調べてもあまり意味が無いことが解りましたので、
過去問の出題傾向を見て、よく出ているところを中心に満遍なく仕上げて行きます。

40前になると読むだけでは頭に入りませんので、書いて覚えます。

宝探しと一緒です。
お宝が埋まっているくさいところを中心に全体を掘っていきます。

学校を卒業しないと受験資格がない訳ですから、
10年前まで1,500人程度しか受験者がいなかったところに
最近では7,000人受験するようになりましたので、

それまで国家試験はある程度柔道整復師の自治に任されていたようなのですが、
去年から厚生労働省が直轄で試験問題を作成するようになりました。

出題範囲は変わりませんけれども、傾向が変わってきた感じであります。
それを見極めながら、もう少しお宝探しを続けます。

Posted in 学校 コメントは受け付けていません。