合格しました。2

本業とは全く関係ないのですが、先日受けてきた試験に合格しまして、

合格通知書の写真。

危険物取扱者

甲種

なぜ甲種を受験したのかと、資格と試験の概略については以前書いた通りで、

25年前、学生時代にテキストを読んでいて受かる気がしなくて断念していたのですが、

コロナ禍で暇になったので勉強して、せっかく勉強したので受けて来たと、それだけの理由です。1ヶ月ほど店を閉めていましたので。

寧ろ試験が実施されるのか、そっちのほうが心配でした。

前回の試験はちょうど3月頭にありましたので、高校生が物凄くたくさん居て、その中に紛れる感じで試験を受けたのですが、

コロナの影響なのか、時期的に6月なので授業の進み具合の影響なのかは不明ですが、今回は高校生は殆ど見ませんでした。全体的な人数も体感的に3月の1/4ぐらいでしょうか。同じ会場で3月の時は廊下がギチギチでしたので、人数的にはかなりスカスカな印象でした。

試験はマスク着用で、窓も扉も全開で行われました。ちょうど暑くも寒くも無い季節に受験できて良かったです。

甲種を受験する人の雰囲気ですが、おそらく化学系の大学生か、もう少し歳が上だとしても薬剤師さんとか化学系の人だと思います。

同室の人達はそんな雰囲気でした。

試験の内容は、私が本屋で買ったテキストの内容とは結構違っていたように思います。危険物取扱者の試験は問題が公表されていなくて、問題も持ち帰り不可なんです。

問題用紙も机の上に貼ってある自分の受験番号の座席シールを剥がして貼り付けた上で解答用紙と一緒に提出することになっています。

問題非公表なので、どうやら何人かで手分けして問題を記憶して帰って、その記憶をベースにテキストを作っているらしいのですが、随分と問題の雰囲気が違いました。表を丸暗記していたら解けるような問題は寧ろ少なくて、表の内容を元に頭を使って考えたら確かにこれかなみたいな、考えないと解けない問題が多かったように思います。

それから危険物の試験で重曹(炭酸水素ナトリウム)の問題が出るとは思っていなくて、重曹って燃えもしないし他のものを燃やす働きも無いし、いま調べたら寧ろ消火器の中に入れる消火剤になるぐらいの物質のようなのですが、

確かに化学をやっている人には常識的なことなのかも知れませんが、うはーなんじゃそれみたいな、

それで試験が始まって退出可能時刻30分でキレて帰る人とか、あれは絶対そうだと思います。普通に問題は無視してマークシートを全部塗りつぶすだけで20分ぐらいは掛かると思いますので、見た瞬間に問題が全部解けるレベルで超余裕だったか、キレて帰ったか、どっちかだと思います。

残りのまだ粘っている受験生はうはーとかうへーとか変な声にならないため息を上げていて、私もそうしたのですが、終了30分前に私もキレそうになって耐えきれなくなって会場から脱出しました。

なので問題も置いて帰るため自己採点ができなくて、発表があるまで自分が合格しているかどうかが分からなくて往生しておりましたが、合格していて良かったです。

受かったらこっちのもんです。

追伸:結構キツかったです。

娘が書いたドーナツと紫芋アイスを美味しい美味しいと言って食べているくまちゃんの絵です。

4歳の娘が書いたくまちゃんの絵の写真。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ

合格しました。

本業とは全く関係ないのですが、先日受けてきた試験に合格しまして、

合格通知書の写真

危険物取扱者

乙種第2類

なぜ2類か。扱う物品の数が少なく比較的勉強する範囲が狭いと読んだからです。

「危険物」とは、あの危険物です。

ここで急がれる方は3つ下の段落へ進んでください。

ガソリンスタンドで扱うガソリンとか軽油とか、あとは理科の実験で火を付けて燃やしたことがあると思いますが、金属のカリウムとかナトリウムとか、後は火薬とか、燃えると消火が困難なもので、消防署が管轄している物品です。

危険物の免許は甲・乙・丙の3種類あって、甲は1個取れば危険物なら全部OKです。乙は6区分に別れていて、モノの性質に依って区分けされています。乙を1個ずつ6回受験して1から6まで全部取れば甲と(ほぼ)同じになります。丙は(凄く大まかに言うと)ガソリンスタンド限定免許(ただ責任者にはなれない)です。

ガソリンや軽油や灯油やアルコールなど、燃える液体はすべて乙種第4類に当たりますので、ほとんどの人はこれを取ります。

2類は「可燃性の固体」で、列挙しますと、

  • 硫化りん
  • 赤りん
  • 硫黄
  • 鉄粉
  • 鉄粉以外の金属粉(アルミ・亜鉛・マグネシウム)
  • 固形のアルコールやゴムのりやシンナーが入ったようなパテ

以上6種類。

詳しく無いので分かりませんが、赤りんはマッチ工場とか、鉄粉は使い捨てカイロの工場とかなら原料として必ず使うと思いますので、こういうところでは必須の免許と思います。

で、なぜ乙種第2類を取ったのか。

学生時代に甲種に挑戦して、テキストを見ているうちに受かる気がしなくなって諦めていたのです。

25年振りにいっちょリベンジしてやるかと。で、いきなり甲種を受けるのは怖いので乙種の1個で感触を掴んでみることにしたのです。

1個ずつ乙種を受けていれば甲種も受かるやろと。

が、勉強しているうちに6回も試験を受けるのはダルくなってきました。

甲種のテキストに模擬試験がついていて、解いてみたらなんか行けそうな感じがするのです。

物品の性状は6回分全部1回で頭に入れる必要がありますが、 法律の範囲は甲も乙もほとんど変わりませんので。

学生時代に敵前逃亡せずに受けておけば良かった。

そのような感じで、甲種を1回取っちゃえば乙種の範囲は全部甲種に含まれちゃいますので、

この合格証書は保険で取っておいて、次回の甲種の試験を受けて来ようと思っています。

ブログランキングに参加しています。クリックにご協力頂けたら幸いです。

広島ブログ