TOY君と少女A

TOY君:TOY-mamaさんのご子息(♂)
少女A:近所の子で、名前を聞いたのですが1晩寝たら忘れました

1.2階

TOY君が2階に上がりたがっていたので、ついていきました。

2階に上がると、お姉ちゃんたちがままごとをしていました。
木でできたナスとかジャガイモとかが4つか5つのパーツに分解されていて、
全部をくっつけると1つのナスなりジャガイモなりの塊になります。
切れ目はマジックテープでつないであります。

その切れ目に沿って木の包丁でマジックテープによる接合を
はがしていくと言う、そういう遊びです。

お姉ちゃんたちは嬉々として(でもなく、半ば事務的に)作業をこなしていましたが、
TOY君(♂)にはあまり面白いものではなかったようです。

そして、向こうのほうで精神年齢が違いすぎてはみっていた
少女Aがしきりに呼んでいるのですが、TOY君は行こうとしません。

行け。とにかく言ってこいと命令すると、
2人で何かおもちゃをいじっているのですが、
3分すると戻って来ます。

少女AはしきりにTOY君に話しかけて、絵本を見せたり
おもちゃを触らせたりするのですが、まだ2人ともおしめをしていますので、
言語による意思の疎通を100%図るにはまだ時間がかかるようです。

2.公園

お姉ちゃんたちが事務的作業に飽きたようなので、外に出ます。

一緒について外に出たところ、私の顔を確認すると、お姉ちゃんたちは
TOY君と少女Aを残して、自転車でばっくれました。

もう1回書きますが、自転車でものすごいスピードでばっくれました。
3人残されて、一瞬途方にくれます。

手をつながせてみます。
少女Aはすっと手を出すのですが、TOY君は人前で手をつなぐのが
恥ずかしいようです。

そして、おじさんと手をつなごうとして来ます。
いや、若い子と手をつないだほうが絶対楽しいから。

草むらに猫じゃらしのようなやつが生えているので、
それをとって2人に手渡してみました。

しばらくそれで遊んでいると、お姉ちゃんが帰ってきたので、
自転車を借りてブランコの周りをぐるぐる回ってみます。

目論み通り、お姉ちゃんとTOY君と少女Aの3人がジョギングを始めました。
10週ぐらい走らせたので、昨晩は3人とも良く寝ただろうと思います。

2人とも、良くこけます。
そして、無表情で立ち上がってきます。

お姉ちゃんが少女Aにちょっかいを出したら、
少女Aは泣きながら帰ってしまいましたが、
すぐ戻ってきて、少し離れたところで1人で遊びながら様子を伺っています。

そしてそのうち、合流してしまいました。
小さい子と遊んでいると、人間の本質が見えてくるような気がします。

2 thoughts on “TOY君と少女A

  1. >Natalie様

    Thank you for visiting and reading Japanese.

    女と男の関係は、この小さい子たちのやり取りが
    もう少し複雑になったものなのだと感じました。

    小さい子と遊んでいると、いろいろ勉強させて貰えます。

コメントは停止中です。