深泥池

多賀SAで一風呂浴びてから、
携帯電話で電車の時刻を調べます。
何とも便利な世の中になったものです。

多賀SAから外に出ると、ちょうど良いところにバス停があります。
これは嬉しい誤算。バスに乗って駅まで出ます。

しかし暑い。近江鉄道多賀大社前駅の16時の気温で35℃です。
そして彦根から新快速に乗って、京都まで50分ぐらいです。
電車は景色がじっくり見られるから良いですね。

京都では焼き肉屋に入ります。

関西圏の焼き肉屋は、ほんまうまいです。
ホルモンの油がものすごくジューシーで、
センマイは根元の部分を食べるものなんだと、初めて知りました。
五感が揺さぶられる味です。

これは、広島から旅費をかけて食べに行く価値があります。
窓も扉も全開で、大きなファンが5つも6つも回っています。
それでも蚊が入ってこないところが、大都会なのでしょうか。

これは、店の裏手ですが、

川に入って遊べます。

こういう都会で、川に入って遊べるなんて、
京都って贅沢な街だと思います。
下水道が発達していて、川には生活排水が一切入ってこないんだと思います。

そうそう、諸般の事情から、顔は福山雅治です。
彼のトークは、全部セクハラです。

この日は友人の案内で銭湯に入って、サウナで寝ます。
久しぶりに足を伸ばして寝ることになりました。

銭湯は、一番深いところは立った状態でへそまでお湯が来ます。
各自が中腰で首まで漬かるように調整するスタイルです。

暑い風呂に首まで漬かると最高でした。

路地を結構歩きましたが、
昔からの都会って、プライバシーは意外とないんだと思います。
歩いていると、家の中でおばちゃんがテレビを見ているところが
覗くとはなしに見えてしまったりします。

京都駅の南側、家には駐車場も中々ないような、都会の住宅密集地です。

翌朝、寝起きにラーメン。
友人たちは朝から瓶ビールを飲み干します。

そして、深泥池に行ってみようと。
京都駅前のバスターミナルで、名前のインパクトだけで行き先を決めます。

こういうところでした。

一見汚げに見えますが、水草が茂っているので水質はきれいなのだと思います。

友人の1人はぶつぶつ文句を言っていましたが、
だってミドロが池だから。
名前に嘘はありませんです。

深泥池、京都市の碁盤の目のはずれのほうです。

大きな地図で見る

都心に戻ると、こんな感じです。きっちり碁盤の目。
大昔にこういう都市を計画して、実行した人がいるのです。

そして、何かのイベントがあるわけでもなさそうなのに、
若い女性の浴衣率が高かったです。

広島では、とうかさんか花火のときぐらいしか浴衣の女性を見ませんが、
そういう街なのでしょう。

広島では考えられない。

行程表:
8月9日
07:40 起床
09:00 東名高速道路 駒門PA 発
14:10 名神高速道路 多賀SA 着
(ここまでの走行距離 1381.7km)

16:06 近江鉄道 多賀大社前駅 発(気温35℃)
16:54 JR琵琶湖線 彦根駅 発
17:42 京都駅 着

8月10日
01:30 就寝
08:00 起床
18:03 多賀SA 発
22:58 山陽自動車道 宮島SA 着

総走行距離 1823.0km
ガソリン消費量 98.49リットル 18,456円
高速道路代 18,920円 (夜間割引をフル活用しました)

CO2排出量 305kg
305kgだそうです。環境に悪い。

行程地図:

4 thoughts on “深泥池

  1. 楽しく読ませてもらいました。
    一人旅いいですね。
    当分の間、こちらは放浪の旅をしていませんよ。

  2. ピンバック: 深泥池 - ウマいRSSなら任せろ!

  3. 京都のたびよかったですね。
    深泥池にはよく行きましたよ。
    デートコースでした。はい、わかーい頃の話です。

    懐かしいですね。

  4. >KJJ様

    書き込みありがとうございます。

    放浪の旅をすると、野生の勘が研ぎ澄まされていく感覚があります。
    男性には、時々はこういう旅も必要かも知れませんです。

    さて、私もあと何年できるか?

    >トントン様

    書き込みありがとうございます。

    深泥池周辺は、新しそうな家がたくさん建っていました。
    そして、田んぼや畑も残っていました。

    京都市内に田んぼがあるとは、驚きでした。
    よいところですね。

コメントは停止中です。