松江城と玉造温泉

松江城。
母親の還暦のお祝いです。

三次まで高速道路に乗って、そこから100kmばかり54号線を走ります。
pict0003

途中立ち寄ったドライブイン。
pict0007

ということで松江城です。
石垣も建物の壁も黒いので何だか圧倒されてしまいます。
pict0011

上に上がったところ。
天守閣も黒い。
pict0017

5階建て。
pict0025

築城当時の松江の様子だったか、江戸時代の様子だったか。
湖に浮かぶ人工島という感じです。
川だったかも知れません。
pict0029

耳の話はよしとして、

外に出ると、みんなを悩ませるこれがあります。
杉。
pict0032
この茶色いのは全部花粉でしょうか。
うへー。

堀の様子。
ものすごくでかい。
向こうから船が来ます。
pict0033
どうもこの堀は一級河川の一部のようです。

それはでかいです。

武家屋敷に行ってみます。
今で言うお役人の官舎みたいな感じでしょうか。
pict0034

奥で何やら密談しているのが見えます。
pict0036
夏を基準に作るからでしょうか、
とにかくあけっぴろげで、冬のこの時期はさぞかし寒かったのではないでしょうか。
この日は2月の最終日で、寒めでしたので、余計にそう思ったのでしょうか。

お庭。
ちなみに手前の右が母親、左が妹です。
pict0037

建物側から見たところ。
pict0035

瓶が半分家に埋まっていました。
これ交換するときは大変だったと思います。
pict0043
歩いて15歩ほどのところに井戸があります。
そこから水を汲んで来てここに入れて、内側から台所仕事の時に使ったようです。

玉造温泉の宿に着きます。
pict0047

立派な床の間です。
pict0048
この字は和歌山って書いてあるのかと思いましたが、
なんか違うようです。

食事の前に浴衣に着替えて風呂に入ります。
褌と浴衣は相性がよいです。

というか、それが本来のあるべき姿。浴衣なら褌だろうと。
そうは思いませんか?

それで蟹を2杯その他を食って、
父親に連れられて夜の街に出ます。

さて、着席して、父親は酒を飲む間もなく歌を歌わせろと言い始めます。
そして、俺は歌がうまいから、俺が歌うと客が帰るんだと。

そして、歌い終わったところで、10人ぐらいいた京都からの団体さんが
ホンマに帰りました。

ほら、俺が歌うと帰るだろうが。頭にマンジュシャゲが乗ってるおねーちゃん。
―それはたまたま時間が来たからで、歌とは関係ないですから。それから、マンジュシャゲではありません。

現に、半分も歌っていませんでした。
そして残り半分も、歌うというか、メロディーは完全に無視して詩を「朗読」している感じでした。

朗読です。小学生が国語の宿題で本読みするような感じ。
それも全く関係のない音楽のCD(もしくはラジオ)をかけながら。

しかし歌とは関係のないダンスとマイクパフォーマンスは最高でした。
ダンスとマイクパフォーマンスで京都の団体さんをノリノリ(死語)にさせていました。

そしてしばらく酒を飲みながらマンジュシャゲを触ったりしていましたが、
後ろで別のお客さんの相手をしていたママにちょっかいを出します。

婆あ。お前はさっきから座ってばっかりで全然仕事をしとらんが、
お前は何年生まれか?

―32年。

1932年か。
(1932年は昭和7年に当たります)

もう1曲歌うと言い始めました。

歌い終わると、1人残っていた地元の社長らしき人がホンマに帰っていきました。

どうも父親は歌がうますぎて、警察が来たことがあるそうです。
この人はさっきから機嫌よく歌を歌っているが、客がどんどん帰っていく。
それにしても歌がうますぎる。わざと上手に歌って、営業妨害をしているのではなかろうか。

歌は上手ですが、よくわからないダンスとまるでプロレスのようなマイクパフォーマンスは最高でした。
そして何より、これで私と妹を学校に行かせてくれた。

ママは奥へ引っ込んでさっきからずっと洗い物をしていますが、
私は特に何も言うことはありませんでした。

この店では。

で、はしごします。

入ると奥様がよい気分で歌を歌っていました。
私は父親の歌を聴かなくて済めばそれでOKです。

父親と妹のだんなと私より1つ歳下のマスターと
4人でお話していたのですが、

なんか仕事の話になったときに、マスターがこんなことを言いました。

―どうもいまいち、仕事に本腰が入らんのんです。いつまで続けるか解らん。

それはお前、あの婆あが居るけえじゃろうが。
父親は振り向き様に、奥様の相手をしているマスターの母親らしき人物に声をかけます。

カラオケ中の奥様に「婆あ」だけ聞こえたようです。

奥様の凄いところは、歌を歌っている最中は歌に集中しているところです。
間奏に入ると、奥様の攻撃が始まりました。

―聞こえたぞ!誰が婆あか!

曲が終わっても、マイクを離しません。

―誰が婆あか!言うてみい!

―誰が婆あか!

うへー。

父親はマスターと意気投合して、2人でチークを踊っています。

―座っとれ!

父親はマスターと2人の世界に入っているようで、聞こえてません。

―いいから座っとれと言っとるのが聞こえんのか!

なんか最後には仲直りをして、今日はこの人の所に泊まるとか言ってました。

家族旅行は4~5年に1回でいいです。

本日の教訓:

酔いたいなら先に酔うべし。

(つづく)

5 thoughts on “松江城と玉造温泉

  1. なんかすごいバトルです・・・。いやはや、やはりこに先生のお父様は只者ではござりません。するとその血をひかれるこに先生も・・・。お母様と妹様の写真は、中央に映っている岩が、ここの名所の母親岩で、左側が妹岩かと思ってしまいました。よくみると御頭が右下と左下にございました。失礼しましたー。

  2. >TOY-mama様

    そうなんです。どうやっても頭がどこうとしなかったので、
    そのまま撮りました。

    私は父親のよいところばかり受け継いでおります。
    歌が上手なところとか、酒癖の良さとか、ハンサムなところとか。

    遺伝であればトントンでも直りませんので、諦めております。

  3. ははあ・・・!なるへそ(もしや死語か!)おとう様そっくりなのですね。どうりで・・・!

  4. >TOY-mama様

    いやいや、よいところしか似ていませんので、
    私は大丈夫です。

コメントは停止中です。